披露宴は必要?サムシング4人気の演出ご祝儀の相場

結婚披露宴は必要?


結婚披露宴は昔は必ず行うものとして、結婚式、結納とセットで行われていましたが、現在では、新郎新婦によっては行わないカップルが増えてきています。
その理由は、金銭的に余裕がないという人達が大半で、面倒であるから開かないという人達もいるようです。
披露宴を行うメリット・デメリットがhttp://xn--h1s64a26mrz3awb1a.tk/にかいてあります。
実はこのような結婚披露宴や挙式を行わない結婚の形態を最近ではジミ婚という風に言っていて、芸能人でいえば、小泉京子さんが結婚した際に挙式をしなかったことで有名です。

例えば、バツイチ同志で結婚する場合などは、あまり周りに知られたくないので、このジミ婚になる場合が多いです。
そして、とにかく忙しい人や、遠距離結婚などの場合に準備に手間がかかり、参列者にも負担と迷惑がかかるということで行わないケースが多いんです。
ただし、何をどこまで行うのかは、自分達の両親の意見を十分に考慮して行って行く必要があります。

昔は結構厳しい考え方を持つ両親が多く、結納、結婚式、披露宴はセットで必ず行わないと認めないという考えが普通だったんですが、今はそこまで厳しくないのです。
結婚する2人がやりたいか、やりたくないかでどうするか選択する場合が多くなってきています。
結婚資金が少ない場合は特に挙式を行って、披露宴だけを行わないのはご祝儀をもらうことができないので、逆に全額自分達が負担することになり、不利になることがあります。

http://xn--h1s64a26mrz3awb1a.asia/にもかいてありますが、結婚式全体の料金はご祝儀で半分は賄うことができるので、予算があまり用意できない場合は一度ブライダルプランナーの方と話し合ってみるといいでしょう。
ただ、結婚披露宴を行わない場合に、会社の同僚や友人からなぜ行わないのかを聞かれると思います。
その際にどうやって答えるべきかはあらかじめ考えておくほうがいいでしょう。

嘘も方便と言いますが、例えば予算などがない場合はなどはあまり大きい声でその理由を言えないと思います。
ですので、親類がなくなって現在喪中なのでなどの理由を言っておくことが相手に不信感を与えないでいいと思います。